専門医による胃カメラ(胃内視鏡検査)・大腸内視鏡(同日検査も可)なら川口肛門胃腸クリニック|女性医師の診察あり。川口・西川口・蕨・鳩ヶ谷・戸田市・さいたま市から好アクセス

専門医による切らない痔の治療・大腸内視鏡・胃カメラ(胃内視鏡検査)なら川口肛門胃腸クリニック|川口市胃がん検診 男女別待合室 女性医師診療あり 女性患者様専用の診療時間帯あり

川口駅東口より徒歩1分

鼻からの楽な胃カメラ検査

胃カメラ(胃内視鏡検査)は直接胃の内部を見る方法なので、微細な病変も発見できて同時に組織検査もできるため確実な診断が可能です。しかし、太い管がのどの奥を通っている間は、院長も経験者ですが、かなりの苦痛です。

一度この苦しさを経験するとなかなか次回の胃カメラ(胃内視鏡)を受けられない方が多いのが事実です。そのため毎年胃がん検診が必要であるにもかかわらず、期間を空けてしまったために数年後に胃カメラ(胃内視鏡)を受けた時には胃がんが見つかった、という例が少なくありません。

当院では、極細内視鏡を用いた鼻からの胃カメラ(胃内視鏡検査)を行っておりますので、従来の口からの検査に比べ、苦痛は大幅に軽減されております。

川口市胃がん検診はこちらから 胃カメラ検査のオンライン予約はこちら

大腸内視鏡検査との同日検査も可能です
同日検査を希望の場合は、診察時にお申し出ください。

直径5.0mmの極細胃カメラ(内視鏡)検査

当院の胃カメラ(胃内視鏡検査)では、直径約5mmという最小径の鼻から行える4方向アングルの極細胃内視鏡を使用します。従来の口から行う胃カメラ(胃内視鏡)と比べてほとんど苦痛がない他、ご自身の胃の中を見ていただきながら、医師と会話をすることもできます。

また、どうしても違和感があるという方に対しては、少量の痛み止めを使用して無痛での胃カメラ(胃内視鏡検査)を行うこともできます。

鎮静剤を使った内視鏡検査

過去に内視鏡検査を受けたことがある方は、「苦しい」「痛い」というイメージが強いのではないでしょうか?

そんな患者様に少しでも楽に内視鏡検査を受けていただけるよう、当院では鎮痛剤を使った内視鏡検査も行っております。

気がついたら終わっている内視鏡検査

鎮静剤を使用することで、患者さんは楽に内視鏡検査を受けることができます。 起きたら検査が終わっているので、患者さんは検査中の苦しさをほとんど感じずに検査を終えることができます。

検査後は、リカバリールームで十分休んでいただいた後に、検査後の説明を受けて帰宅となります。

鎮静剤を使った検査をご希望の方は自動車、バイク、自転車での来院は安全のためお控えください。

万全な感染症対策

当クリニックでは、感染症対策として日本消化器内視鏡学会の内視鏡洗浄・消毒ガイドラインを参考に最新の洗浄機器(クリーントップWM-SⅡ)を導入し行っております。

川口市胃がん検診はこちらから 胃カメラ検査のオンライン予約はこちら

胃カメラ(胃内視鏡)検査の手順

当院で行っている胃カメラ(胃内視鏡検査)の流れについてご案内いたします。

まずは一般外来へお越しください(予約不要)

  • まずは症状をお伺いしながら問診・患部の診察を行います
  • お薬を服薬中の方やアレルギーのある方は、事前に問診票へご記入をお願いします
    お薬手帳をお持ちの方は受付に提出をお願いします
  • ご希望に沿って、検査の予約を行います
検査前日
  • 夕食は21:00頃までに済ませてください
    果物や野菜・海藻類・きのこ類・雑穀・こんにゃくなど、
    消化の良くない食品の摂取はお控えください。
  • 普段お飲みになられているお薬の服薬を止めていただく場合があります。
  • 心臓のお薬などを服薬中止が心配な方は事前に主治医の先生とご相談ください。
検査当日
  • できるだけ公共交通機関にてお越しください。
  • 朝食は摂らずにご来院ください。
  • お水・お茶などの飲み物は少量であれば飲んでもかまいません。
  • タオルを1枚ご持参ください。
検査
  • 検査時間は5~10分程度です
検査後
  • 鎮静剤を使用していない場合、検査終了後そのまま帰宅できます
  • 鎮静剤を使用した場合は、リカバリー室にて30分~1時間程度休憩していただきます
  • 検査後、何か気になる症状がありましたらクリニックまでご連絡ください

胃内視鏡(胃カメラ)検査 料金の目安

  1割負担 3割負担
胃内視鏡(観察のみ) 約1,200円 約3,500円
胃内視鏡と病理組織検査 約2,500円 約7,500円

※診察代、採血代などは上記に含まれておりません。
※投薬や処置の内容によって金額は前後いたします。

川口市胃がん検診はこちらから 胃カメラ検査のオンライン予約はこちら