専門医による胃カメラ(胃内視鏡)検査・大腸内視鏡検査なら川口肛門胃腸クリニック|女性医師の診察あり。川口・西川口・蕨・鳩ヶ谷・南浦和・浦和・赤羽・戸田市・さいたま市から好アクセス

専門医による切らない痔の治療・大腸内視鏡検査・胃カメラ(胃内視鏡)検査なら川口肛門胃腸クリニック|大腸がん 男女別待合室 女性医師診療あり 女性患者様専用の診療時間帯あり

川口駅東口より徒歩1分

便検査で異常(便潜血検査で陽性)だった方へ

便潜血検査とは

便潜血検査は、便に血液が混ざっているか調べる検査で、大腸の出血の有無を確認することを目的としています。

血液が多いと見ただけで判断できますが、微量だと肉眼では確認することができません。

微量の血液を判定するために便潜血検査を行います。

40歳以上の方は毎年検査を受けることをおすすめします。

便潜血検査は市の大腸がん検診でも実施されています(40歳以上)。

川口市の大腸がん検査案内ページはこちら

定期的な大腸内視鏡検査を受けましょう

便潜血検査が陽性だった方は、

  • 便検査で異常
  • 大腸精査が必要

などと検査結果に記載されております。

こうした場合には、より精密な検査である大腸内視鏡検査が必要になります。

また、陰性だからと大腸がんではないとは限りません。

ポリープや早期の大腸がんだと便潜血検査が陰性になる事もあるので注意が必要です。

大腸がんの早期発見のためには年1回の大腸内視鏡検査が望ましいです。

大腸内視鏡検査の詳細はこちら