専門医による痔・大腸がん治療・大腸内視鏡検査なら川口肛門胃腸クリニック|女性医師の診察あり。川口・西川口・蕨・鳩ヶ谷・東浦和・南浦和・浦和・赤羽・戸田市・さいたま市から好アクセス

専門医による切らない痔の治療・大腸内視鏡検査なら川口肛門胃腸クリニック|大腸がん 男女別待合室 女性医師診療あり 女性患者様専用の診療時間帯あり

川口駅東口より徒歩1分

私だけの悩みじゃない 3人に1人は痔主です

痔は血液の滞り、細菌による炎症、いきみなどによる裂傷などによって起こります。現代では成人の3人に1人が痔持ちとも言われているほどポピュラーな病気です。

特別な病気ではなく、座りっぱなし・立ちっぱなし・便秘や下痢・冷え・刺激物・喫煙など、日常生活によくあることが原因になり、女性の場合は便秘や妊娠・出産などで痔になる方もいらっしゃいます。

恥ずかしがらず診察を

痔は診察の際に患部を見せる恥ずかしさから、我慢し続けていたり、市販の痛み止めの薬で済ませてしまったりと、根本的な治療を行わない方も少なくありません。おしりの病気は、痛みや症状はもちろんですが、人には言えない悩みを抱えたまま日常生活を送ることは辛いと思います。また、症状だけで痔だと決め付けてしまい、実際には大腸がんや大腸ポリープだったという場合もあります。

当院ではなるべく恥ずかしくないよう、男女別の待合スペースや、診察時の体位にも配慮しておりますので、より充実した生活を送るためにも、ぜひ診察をお受けすることをおすすめいたします。

痔の種類と症状

いぼ痔(痔核:じかく)

【症状】出血・症状により痛み
肛門の毛細血管の一部がうっ血してこぶのようになります。痔の中でもっとも多いタイプで出血が見られます。 痛みが無い場合もあるため、出血やこぶが肛門からでて自覚する場合が多いようです。

切れ痔(裂肛:れっこう)

【症状】少量の出血・激しい痛み
便秘などのかたい便によって肛門付近が切れたり裂けたりする状態を指します。 出血は少なく、紙につく程度ですが、激しい痛みを伴うために、排便を我慢して症状を悪化させてしまうことがあります。

あな痔(痔瘻:じろう)

【症状】発熱・痛み・膿(うみ)
肛門の周りが細菌により炎症を起こして膿がたまったおできのようなものが出来た状態を指します。熱が出たり肛門周辺に痛みを感じることがあります。