専門医による痔・大腸がん治療・大腸内視鏡検査なら川口肛門胃腸クリニック|女性医師の診察あり。川口・西川口・蕨・鳩ヶ谷・東浦和・南浦和・浦和・赤羽・戸田市・さいたま市から好アクセス

専門医による切らない痔の治療・大腸内視鏡検査なら川口肛門胃腸クリニック|大腸がん 男女別待合室 女性医師診療あり 女性患者様専用の診療時間帯あり

川口駅東口より徒歩1分

お腹の張りが少ない!苦しくない大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は直接大腸の内部を見る方法です。
微細な病変も発見でき、同時に組織検査もできるため確実な診断が可能です。

また、病変があればその場で治療(ポリープやがんの内視鏡的切除)を行います。
大腸がんはがんの中でも死亡数が上位ですが、早期に発見することで確実に治ります。

当院では大腸内視鏡検査の経験豊富な医師が検査を行いますので、小さながんも確実に発見することはもちろん、患者さんに安心していただける苦痛のない楽な検査を提供いたします。

炭酸ガスでお腹の張りを軽減!最先端の大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、正確な診断のため大腸に空気を送りながら行わなければなりません。しかし、これらの空気は検査後も大腸に残ってしまうことで、患者さんの不快感につながっていました。

そのため当院では、炭酸ガス送気装置を用いて大腸内視鏡検査を行います。炭酸ガスは、空気に比べ腸に吸収されやすい特徴があるため、検査後のお腹の膨らみ解消が早く、患者さんの不快感を最小限に抑えることができます。

万全な感染症対策

当クリニックでは、感染症対策として日本消化器内視鏡学会の内視鏡洗浄・消毒ガイドラインを参考に最新の洗浄機器(クリーントップWM-SⅡ)を導入し行っております。

治療実績

開院1年目の検査実績になります。

  1年目
大腸内視鏡検査 1,332例
当院で発見した大腸がん 66件
当院で発見したカルチノイド 5件

大腸内視鏡検査までの流れ

当院で行っている大腸内視鏡検査の流れについてご案内いたします。

当日の検査をご希望の方へ こちらの用紙に記入し、Faxをお願いします

まずは一般外来へお越しください(予約不要)

  • まずは症状をお伺いしながら問診・患部の診察を行います
  • お薬を服薬中の方やアレルギーのある方は、事前に問診票へご記入をお願いします
    お薬手帳をお持ちの方は受付に提出をお願いします
  • ご希望に沿って、検査の予約を行います

大腸内視鏡検査の前日

  • 夕食は21:00頃までに済ませてください
  • 夕食の後、1時間ほどしたら下剤をコップ一杯以上のお水でお飲みください
  • 検査の際は、普段お飲みになられているお薬の服薬を止めていただく場合があります
    心臓のお薬などを服薬中止が心配な方は事前に主治医の先生とご相談ください

大腸内視鏡検査 当日(できるだけ公共交通機関にてお越しください)

検査準備
  • 朝食は摂らずにご来院ください。
  • お水・お茶などの飲み物は少量であれば飲んでもかまいません
  • 下剤を自宅で飲む場合、指定時間の1時間半~2時間までにお済ませください
    腹痛・嘔吐などの症状が出た場合は、飲むのを中止して当院までご連絡ください
  • 下剤を当院で服用する場合、指定のお時間までにご来院ください
  • ご希望により、鎮静剤の注射をすることもできます
検査
  • 検査時間は15~20分程度です
検査後
  • リカバリー室にて30分~1時間程度休憩していただきます
  • 検査後、何か気になる症状がありましたらクリニックまでご連絡ください

検査時にポリープが見つかった場合

大腸内視鏡検査時に、まれに大腸ポリープが見つかる場合があります。
ポリープは検査時にそのまま切除も可能ですので、基本的には切除をおすすめしています。切除を行った場合は、出血を予防するため1週間ほど旅行や運動・飲酒を控えていただきます。

大腸内視鏡検査 料金の目安

  1割負担 2割負担 3割負担
大腸内視鏡(観察のみ) 約3,000円 約4,800円 約6,600円
大腸内視鏡ポリープ手術(1個) 約7,500円 約13,700円 約20,000円

※診察代、採血代などは上記に含まれておりません。
※投薬や処置の内容によって金額は前後いたします。